跪かせるクイーン•オブ•ダイエット
女王のもと、今日もダイエットしておりまして。



いつもランチ時を見計らい女王の命令で僕の携帯が鳴るわけです。お腹すいたなーっつって、甘いもの食わないようにしようっつって、飯買う前にアプリ開くと…



f0188734_14393318.jpg




僕のランチタイムが終わりました。コンビニで買おうと思っている僕は、駐車場で食べている他社の営業マンに話しかけて



「すいません、ご飯ください。



ちょっとで、ちょっとでいいんで。
女王様が…女王様が…



結局2日目のランチは、いろはす(みかん味)でした。
[PR]
# by orange-answer | 2013-02-14 14:25
女王様と14日
かれこれ「ダイエットする!」と宣言し続け一向に減らない体重。もはや「ダイエットする!」「明日から!(スコーンばくばく)」みたいな典型的な未来デブ予想図がいよいよ現実味帯びてきたので、真剣に、


真剣に、
真剣を重ねて


真剣にダイエットしようとおもい、アプリをダウンロードしました。




f0188734_172531.jpg





「楽しく食べてダイエット!」なんてうたい文句が流行りそうなこの世の中でこの女王様、出会って2日目の僕に「今日一日、甘いもの抜きよ」と言われました。


おやおや。と。
こんなものか。と。
大それたタイトルだ。と。半ばうんざりした感じで、僕は、



今日一日、甘いもの食べてません。
(褒めてください。)
[PR]
# by orange-answer | 2013-02-13 16:49
牛アイス
f0188734_15115135.jpg


用を足し中、まだアイツが遠くのほうを牛歩戦術してくるのでボーっと横に目をやるとビクっと僕の括約筋が反応した。




「氷…?」




もし本当に流れてきたらどうしよう。クッと押したらカランカランいいながら氷流れてきたらどうしよう。いや氷水どころか氷だったらどうしよう。クッとやってガランコガランコいいながら落ちてきたらどうしよう。


そうこう考えているうちに牛歩戦術は終盤を迎えたようで、牛の頭さながらに出て水に飛び込むアイツ。



いっそのことこのまま遠くへ逃げ去ってしまおうかとも思った、が、いやしかしこれはこれでえらいこっちゃである。なぜなら今日の僕のアイツはいつにもまして調子がいい。




恐る恐る…
クッとボタンを押した。









ザーザーザー

そりゃそうだ。と僕は思いながら、流れていくアイツを最後まで見送った。



己の身を持ってこの案件は無事解決した。

みなさん、このトイレ、水流れますよ。
[PR]
# by orange-answer | 2013-02-13 14:51
其其プレシャスタイム
f0188734_1994163.jpg



「本を読んでいる人、かっこいい。」


当時中学生でチンの毛が生えたか生えてないか眉毛が剃ったか整えたかそんなこんなでわき毛がしっかりと生え揃っていた僕は、気になっていた女の子に言われたのがきっかけで「赤川次郎の三毛猫ホームズ」のシリーズを読み漁りはじめた。


確かその子のお兄さんか誰かが好きだったというそのシリーズは童貞真っ只中の僕には目も当てられないような、刑事片山の暴るる下半身により淫らになる女性との絡みが1本に1回は必ずといっていいほど出てくるので、「ああこの子のお兄さんそういう…」と冷静に考える半面、もう一方では「お兄さん!」と両の手を取り合い酒をつまみに語らいあいたいような、要するに


その子と仲良くなりたいがために


本を読みはじめました。
とやかく言いましたが、そういうことです。


本を読め、とにかく読め!

と当時毛も生え揃った僕は現代文の教師が熱弁するソレを


「ああ、モテたいなら…か」


と窓際の席から運動場眺めて大人のいうことにいちいちケチつけて理解するのにワンクッションツークッション挟む時期を過ごしていまして。実際本を読んでモテたことないし、結局のところ「本を読んでいる人、かっこいい。」(ただし、イケメンに限る。)となるわけです。だからこの教師が言っていたソレは









(モテない奴は)本を読め、とにかく読め!(そして賢くなれ!)(そして働け!)(そして金を稼げ!








くらいのメッセージが隠れていたんだと、毛が生えすぎて困るような歳の今気づきました。




さあて、
(現実から目をそらすために)本を読もう。
[PR]
# by orange-answer | 2013-02-11 19:07
寒空ランナウェイ
f0188734_16563048.jpg


やっぱり怖い…
[PR]
# by orange-answer | 2013-02-08 16:54