funny journey story



今日ですね

バッハで月刊バスケットボールを立ち読みしてたんです

ええ、プレイボーイではありません月刊バスケットボールです



そしたらね

指パッチンの音が聴こえまして



パッチン

パッチン

パッチン



なかなかのリズム

思わず踊りだしそうになりましたが

ここは公衆の面前、こらえる僕



パッチン

パッチン



指パッチンはボリュームをあげて近づいてくる

止まらない鼓動はlikeビート

リズムとるぜ俺の右足

HEY!DJ!まわせイェイイェイ



ここは公衆の面前

抑えるlikeビートな鼓動

リズムは貧乏ゆすりに変化させ

馴染めmy bodyストレス大国へ



となんとその指パッチンは僕の隣に来て

パッチンしながら本を探しているじゃないか!



くそう!集中できない!

さっきからレブロンジェームスと睨めっこだぜ!




…は!

止んだ!




そうかこの男、本を見つけて

手がふさがったのだな!ふはははは




パッチン

パッチン




おまえってやつは…

脇にベースボールマガジンを抱えながら

パッチンをリスタートさせるなんて





さてはおまえ

パッチン




いいことあったな?(ウインク)
[PR]
by orange-answer | 2010-09-21 03:31


<< プロポーズはこんな具合に 私はロバになりたい >>