これはいわいるリハビリなわけで
ここが朽ちていくのはもう見てられない。正直、この文章自体2回目なわけで、自分の意図しないブラインタッチで小指が「BACKSPACE」押したわけで。小指がまさかの主人を裏切るという、ね。あの、ね。


ここまでの文章を書くまでで、とにかく何も浮かばない。

今までは少しずつでも何か浮かびながら書きなおしながらだったりしたわけで

あれ、なんか、文章が、遅れて、出てくるよ




ちょっとまて

そうだ、僕は「。」をつけないタイプだったはずだ




これだ、そうだ

自分のスタイルさえ忘れてしまうほどの退化を、僕は、




なんてこった

特になにも浮かばない




そうこれは俗に言うリハビリなわけで

何も特に考えず打ってるわけで

このキーボードを打つ感じも

この画面に向かう感じも

背後にラジオ感覚でつけたテレビの音が聞こえる感じも




全てが懐かしい

俺は、僕は、私は、




歳をとった




仕事に追われ、ストレスと戦い、上司に叱られ

俺は、僕は、私は、



自分を見失った



それは現在進行形

やってらんないジャパニーズビジネスマンを似非とするべく



揺るがないために太ももを太くする

大地に根付かせるように

幅広く水を吸うように




そういえば今日、

スティーブン・セガールに似た人が助手席でからあげ棒食ってました




それはそれは豪快に

沈黙とは程遠く
[PR]
by orange-answer | 2011-07-19 22:39 | complete


<< 罠‐みてみぬふり‐ もう一度月曜日がくる、それは何度でも >>