人気ブログランキング |
其其プレシャスタイム
f0188734_1994163.jpg



「本を読んでいる人、かっこいい。」


当時中学生でチンの毛が生えたか生えてないか眉毛が剃ったか整えたかそんなこんなでわき毛がしっかりと生え揃っていた僕は、気になっていた女の子に言われたのがきっかけで「赤川次郎の三毛猫ホームズ」のシリーズを読み漁りはじめた。


確かその子のお兄さんか誰かが好きだったというそのシリーズは童貞真っ只中の僕には目も当てられないような、刑事片山の暴るる下半身により淫らになる女性との絡みが1本に1回は必ずといっていいほど出てくるので、「ああこの子のお兄さんそういう…」と冷静に考える半面、もう一方では「お兄さん!」と両の手を取り合い酒をつまみに語らいあいたいような、要するに


その子と仲良くなりたいがために


本を読みはじめました。
とやかく言いましたが、そういうことです。


本を読め、とにかく読め!

と当時毛も生え揃った僕は現代文の教師が熱弁するソレを


「ああ、モテたいなら…か」


と窓際の席から運動場眺めて大人のいうことにいちいちケチつけて理解するのにワンクッションツークッション挟む時期を過ごしていまして。実際本を読んでモテたことないし、結局のところ「本を読んでいる人、かっこいい。」(ただし、イケメンに限る。)となるわけです。だからこの教師が言っていたソレは









(モテない奴は)本を読め、とにかく読め!(そして賢くなれ!)(そして働け!)(そして金を稼げ!








くらいのメッセージが隠れていたんだと、毛が生えすぎて困るような歳の今気づきました。




さあて、
(現実から目をそらすために)本を読もう。
by orange-answer | 2013-02-11 19:07


<< 牛アイス 寒空ランナウェイ >>